ドロドロ血をサラサラ血液へ

赤血球がくっついてドロドロ状態

血液がサラサラして健康な状態


疲れも肩凝りや腰痛も痛みもすべて血液のドロドロが原因です。掻く細胞で酸素や栄養が不足している事を知らせてくれています。それを、そのまま、放置すると、慢性病、しいてはガン・脳梗塞・心筋梗塞などの病気でお迎えを呼びます。

「30年来、糖尿(インスリン注射)で元気の出ないK・Mさんも血糖値が安定し、この暑かった夏もすごく元気で過ごせました!」


■良くなった方のベスト3

NO.1 → 疲れ
NO.2 → 肩こり
NO.3 → 痛み

効き目の訳は3,000円1丸分で
主成分の牛黄がユンケルの100本分


【 牛黄 】(ごおう)のはなし

「牛黄」とは今から二千年以上前に著された中国最古の薬物書「神農本草経」にも、その効果が記されているとても重要な生薬です。日本でもすでに七世紀には宮中で貴重な妙薬として用いられていました。江戸時代には大名や富裕層にもひろがりましたが、非常に効果で一般の人には手の届かないところから、たとえば東大寺の護符「牛法宝印」にみられるように信仰のレベルにまで及んだようです。薬理作用として鎮静・強心・解熱・血圧正常化などのはたらきがあります。この牛黄を中心に、より効果を高める11種類の生薬を配合したのが日水清心丸です。


いざというときこの一丸!!
奇跡を起こすかこの不思議球


@心臓を助け、血液を巡らせます!
「日水清心丸」にはゴオウが248.7mg(1丸中)も入っています。心臓のお薬の「求心」で言うと600粒分にもなりますが、無理なく効いて価格もお得です。心臓の働きが弱くなると、体の各臓器に栄養や酸素が行き届きにくくなり、疲れがなかなか取れません。ですからこの「日水清心丸」は次の様な方に非常に良く効きます。
※心臓疾患(狭心症や心臓肥大、不整脈・・・など)があり、疲れやすい方・動悸や息切れがひどい方。

A肝臓の働きを助け、血液をきれいにします!
肝臓は体内の解毒をする場所であり、エネルギーを蓄える場所でもあります。「日水清心丸」は肝臓の働きをたかめることから、特に静脈の血液を綺麗にして流れを良くします。ですからこの「日水清心丸」は次の様な方に効果的です。
※いつもだるい・いつも肩こりや頭痛がする肝臓疾患(肝炎や肝硬変)の方。

B腎臓を助け、代謝を活発にします!
腎臓は血液をろ過してきれいにする場所。人体にとっていらないものを体外に排出して家養分は体内に再吸収する大事な臓器です。この働きが弱くなると、老廃物がたまり栄養分が外に漏れ出し、いつも疲れていたりいろいろな症状を引き起こします。
例えば・・・。
※むくみ・痛風(尿酸が溜まる)・ネフローゼ・・・など。

C腸を助け栄養の吸収を促します。!
「日水清心丸」1丸中には薬用人参が600mgも配合され、「薬用養命酒」で言えば1本の2/3の量に値します。胃腸の働きを高め、栄養分の吸収を促すのはもちろん、脾臓の働きも助けますので次のような消化器系の疾患にはよく効きます。

Dストレスや自律神経の疲れを取ります!
ストレスや神経の疲れにはビタミン剤ではとれません。これらの疲れは血液の流れを悪くするだけでなく、体内の各臓器にも影響を与えます。「日水清心丸」は自律神経のバランスを整えるのはもちろん、ストレスからくる次のような症状によく効きます。
※不眠症で疲れる、更年期障害、イライラする、精神的に疲れる方に

Eホルモン剤や安定剤・鎮痛剤を長期服用されている方に!
これらの薬を長期服用していると、体の働きが薬に依存してしまい、人が本来持っている働きをサボってしまいます。しかし急にこれらの薬を飲まなくなると症状が強く出て副作用の心配があります。そこで体の働きを助ける「日水清心丸」を服用して上手に薬から離れることをお勧めします。

Fガンや慢性病でお医者さんから見放されたときに!