○免疫の構造/からだのどこでつくられるか

 ところで、一言で免疫といいますが、実はそこにはいろいろなミクロの戦士=白血球がかかわっています。
 まず生命防衛軍の幹部クラスといわれるのが、「リンパ球」で、特定の相手と専門的に対応する細胞の集団です。
 このリンパ球には、生命防衛軍の将校=B細胞と、司令官=T細胞がいます。


B細胞は、ミサイルのようなY字型をした蛋白質の抗体を無数に発射して病原体を突き刺し殺します。
 T細胞は、異物である病原体を識別し、防衛軍に指示。集中攻撃をさせます。このT細胞には、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞といった、少しずつ性格の違った細胞がいます。
 次に、防衛軍の下士官クラスといえるのがマクロファージ。別名「大食細胞」と呼ばれるように、病原体をパクパク食べて消化してしまう細胞です(100個以上のバクテリアを食べる、といわれています)。また、このマクロファージからは、インターロイキンTという物質が出され、これが発熱を促します。そして、体温が上昇すると防衛軍の活動が活発化。すみやかに殲滅となるのです。
 最後に歩兵役として存在するのが好中球。血流にのって前進をパトロールし、異物を発見すると即座にパクッと食べて殺します。
 なお、こうした防衛軍を作り出すところが骨髄の中にある肝細胞です。