○精神面のケアと充足

「気が抜ける」、「気落ちした」、「気が萎えた」というとき、私たちは風をひいてしまいます。その逆に、何かの目標に向かって前向きに「気持ちが張りつめている」ときは、めったに風邪で寝込むことはありません。
 また、孤独な人や内向的な人はがんになりやすく、社交的で明るい性格の人はかかりにくいともいわれます。
 このように、心の状態が健康状態に及ぼす影響は決して少なくはありません。
 中国医学では、人体の活動を司る要素として、「気」「血」「水」の3つがあるとします。「血」は血液「水」は血液以外の体液を意味し、「気」は気力を表しますが、この3要素がバランスを保つことで健康は維持されるとします。そしてそのためには、「気」によって他の2つを滞りなく循環させて健康を保つ、と考えます。
 こうした作用をもつ「気」は心と免疫力の有り様を表しているといえるでしょう。
 そして、それらの平穏無事、安心立命を果たすには、ストレスをためこまない、食生活に気をつける、規則的な生活を送る、適度な運動をする、十分な睡眠をとる、といったことが求められることになります。
 そのほか、アロマセラピーやリラクゼーションなどをとりいれるのも有効ですが、とりわけ、過度な運動とバランスのとれた食生活は不可欠です。これが身体だけでなく、心の充足と免疫力の活性を促し、保つことになるからです。